表紙 > 

歴史・伝統・文化

遊学記その二『桜山神社参拝(熊本)及び愛国党演説会(博多)』

十三日、熊本県熊本市に鎮座する桜山神社を参拝。 桜山神社は、 天照大御神・豊受大神を主祭神とし、私塾・原道館を開いた林桜園や、明治維新で活躍した肥後勤王党の志士、神風連の烈士らを合はせ祀る。 その後、福岡県博多市に移り、大日本愛国党の演説会…

第九十一回歌道講座

大東会館にて行はれた歌道講座に参加。 ※上位三首 山口順子 射す光透かす器に生けられし 花あざやかに教場に策 島田栄造 久しかる吾が子の聲を耳にして 己が不孝をかへりみる夜 小宅則史 亡き妹の愛でし白ゆりしづかなり 眺めてひとり杯重ねゆく …

本日は五箇条の御誓文発布の日

明治元年三月十四日(新暦四月六日)、明治政府の基本方針である五箇条の御誓文が発布された日。 一 広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スヘシ 一 上下心ヲ一ニシテ盛ニ経綸ヲ行フヘシ 一 官武一途庶民ニ至ル迄各其志ヲ遂ケ人心ヲシテ倦マサラシメン事ヲ要ス …

皇紀二千六百七十四年【第三十回】紀元節奉祝式典斎行

紀元節奉祝式典実行委員会(代表・藤本隆之氏)主催により紀元節奉祝式典が永田町星陵会館にて斎行された。 国民儀礼より始まつた同式典は、紀元節祭を斎行したのち菅浩二氏による「建国をしのぶー紀元節に「東アジアを考へる」と題した記念講演が行はれ、決…

皇居参拝並びに皇居遥拝す

前回に続き雲ひとつなき日本晴れの太陰太陽暦(旧暦)一月一日(所謂旧正月)である今日、「三條の會」会員らと共に 皇居参拝並びに皇居遥拝を行つた。。 ※三條の會とは 平成二十四年三月二十四日、高山彦九郎翁の事蹟を顯彰し、現代に繼承することを目的…

皇居新年一般参賀

皇居宮殿東庭の参賀会場にて、 天皇皇后両陛下と皇室方のお出ましがあり、畏れ多くも スメラミコトの御竜顔を拝し、玉声を賜つた。 東日本大震災から三度目の冬が巡ってきましたが、放射能汚染によりかつて住んでいた地域に戻れずにいる人々や、仮設住宅で…

皇居参拝並びに皇居遥拝す

雲ひとつなき日本晴れの平成二十六年元旦、太陰太陽暦(旧暦)十二月一日にあたる今日、「三條の會」会員らと共に 皇居参拝並びに皇居遥拝を行つた。。   ※三條の會とは 平成二十四年三月二十四日、高山彦九郎翁の事蹟を顯彰し、現代に繼承す…

岡山縣護國神社清掃奉仕の集ひ【12/23】

天長節の佳き日に「岡山縣護國神社清掃奉仕の集ひ」をその名の通り清掃奉仕実施致しました。 秋田 関連記事 天長節の一日【12/23】 今日は聖なる天長節。天皇皇后両陛下の聖寿と、皇室弥栄を祈念申し上げます。 皇居では一般参賀があり、天皇皇后両…

天長節の一日【12/23】

今日は聖なる天長節。天皇皇后両陛下の聖寿と、皇室弥栄を祈念申し上げます。 皇居では一般参賀があり、天皇皇后両陛下と皇室のお出ましがあり、有難くもスメラミコトの玉声を賜つた。 聖なる天長節には、隠れた歴史がある。大東亜戦争に敗れ、A級戦犯の汚…

【大東亜戦争開戦の日】靖国神社参拝

七十二年前の今日は、「米英両国ニ対スル宣戦ノ詔書」発布の日。 靖国神社に参拝し、英霊に感謝。 磯和典 関連記事 六十八年目の暑い夏 この日は午前十時より、時対協有志で靖国神社昇殿参拝を行つた。その後境内で正午の時報に合はせ一分間の黙祷を捧げ…

皇居参拝並びに皇居遥拝す

太陰太陽暦(旧暦)一日にあたる十二月三日、三條の會会員らと共に 皇居参拝並びに皇居遥拝を行つた。 その後、新宿に移動し平和祈念展示資料館を見学。   ※三條の会とは 平成二十四年三月二十四日、高山彦九郎翁の事蹟を顯彰し、現代に繼承…

皇居参拝並びに皇居遥拝す

太陰太陽暦(旧暦)一日にあたる今月三日、三條の會らと共に皇居参拝並びに皇居遥拝を行つた。 ※三條の会とは 平成二十四年三月二十四日、高山彦九郎翁の事蹟を顯彰し、現代に繼承することを目的として、「三條の會」が結成されました。同日から、當會々員…

式年遷宮「遷御の儀」斎行

神の宮日が輝けリ永遠にこの日の本は常若なりし 本日、神宮に於いて遷宮祭の中核をなす祭儀である遷御の儀が斎行された。 天皇尊におかれましては、宮城より神宮に向かひ拝礼する「遥拝の儀」に御臨みあそばされた。     関連記事…

西郷南州留魂祭

西郷隆盛翁が城山で自刃し百三十六年の歳月が経つ九月二十四日を前に、西郷南州会(代表・早瀬内海氏)が祭主となり大田区洗足池公園内にある西郷隆盛留魂詩碑前の御社で留魂祭を執り行つた。 獄中有感 朝に恩遇を蒙り夕に焚坑せらる 人生の浮沈 晦冥に似…