表紙 > 

講演会・勉強会・会議

講演会・勉強会・会議などの案内や報告など

【9/21】新宿にて講演会が開催される

二十一日午後六時より阿形充規先生主催で山本峯章氏を講師に招いた講演会が行はれた。 演題は「天皇の生前退位と摂政はどうあるべきか」 関連記事 【5/18】皇国復古中興の集ひの御案内(再告知) 謹啓 陽春の候、皆様に於かれましては正義の為、益々…

【9/1】第一〇五六回 時対協定例会

一日夕刻より第一〇五六回 時対協定例会が新橋にて行はれた。 議題は 【皇室典範改正に隠れる問題點】 「先の敕を拜しましてより、皇室典範の改定が意識され、今後は本格的議論となる事でせう。しかし、有識者會議と云ふ名ばかりの無識なる民間人の關與は…

第一〇五六回 時対協定例会

十四日夕刻より第一〇五六回 時対協定例会が新橋にて行はれた。 議題は「八月八日の玉音を拜して、我々は何をすべきか」(議題提供東北地区) その後懇親会       関連記事 第一〇五二回 時対協定例会 十二日夕刻…

【講演会】一九四五・八・十五歴史転換点を読み取る

二十一日午後六時より、新宿区内において、加瀬英明先生を講師に招いた講演会が開催された。 演題は「一九四五・八・十五歴史転換点を読み取る」 講師の終戦直後の体験談も含めた価値のある講演会であつた。 加瀬先生は、福田・中曽根内閣で首相特別顧問を…

第一〇五五回 時対協定例会

七日夕刻より第一〇五五回 時対協定例会が新橋にて行はれた。 議題は「政教分離について」 また維新政党・新風の鈴木代表が参議院選挙期間中に訪れた。 その後懇親会を催す。 関連記事 第一〇五二回 時対協定例会 十二日夕刻より第一〇五二回 時対協…

第一〇五四回 時対協定例会

二日夕刻より第一〇五四回 時対協定例会が新橋にて行はれた。 議題は「サミットに於いて各國首脳が神宮を參拜したが、異教徒である彼らが神宮を參拜する事は是が非か、またその理由を議論されたし」 その後懇親会を開催。 関連記事 第一〇五〇回 時対協…

第一〇五二回 時対協定例会

十二日夕刻より第一〇五二回 時対協定例会が新橋にて行はれた。   その後懇親会開催。   関連記事 第一〇五一回 時対協定例会 七日夕刻より第一〇五〇回 時対協定例会が新橋にて行はれた。 議題は 本年は、神武天皇が崩御さ…

第一〇五一回 時対協定例会

七日夕刻より第一〇五〇回 時対協定例会が新橋にて行はれた。 議題は 本年は、神武天皇が崩御されてから二千六百年と云ふ式年の年となります。 神武天皇の聖徳を偲び、建國の精神である「八紘爲宇」の再興を促す方法を議論されたし。 その後懇親会開催。…

第一〇五〇回 時対協定例会

三日夕刻より第一〇五〇回 時対協定例会が新橋にて行はれた。 議題は ・信仰と学問の次に重んじる事は何であるか。 ・移民の問題についてどのやうな論陣を張るべきか。 議題提供 中部関西地区 その後懇親会が開催される。 関連記事 第一〇三〇回 時…

時対協第一〇四九回定例会

四日夕刻より新橋にて時対協定例会が行はれた。 議題は 我らの第一義は「尊皇」であり「復古」である。 一、その「復古」とは具体的に何を指すのか。 二、復古の基準とすべきは具体的にいつのことか。 三、当面、一、二の目的を達成する為に具体的に何を…

時対協第一〇四八回定例会

十四日夕刻より新橋にて時対協定例会が行はれた。 議題は「敬神・尊皇・崇祖を厚くするのは當然として、その中で時局とどう向き合ふか 」( 城東地區) その後、懇親会を催す。 関連記事 第一〇二八回 時対協定例会 八日夕刻より新橋にて時対協の定例…

時対協総会及び第一〇四七回定例会

五日夕刻より新橋にて時対協の総会及び定例会が行はれた。 議題は「 本年一年間の總括と、迎へる喜ばしい平成の御代に向かつての抱負を提議致します。亦、更には先日、靖國神社に不敬な事件がありました。此處で靖國神社は元より地元の産土神社、護國神社に…

第1046回 時対協定例会

五日夕刻より新橋にて時対協の定例会が行はれた。 以下議題 十月三十日は「教育ニ関スル勅語」発布の日、十一月三日は明治節である。国家百年の計は教育といふが、下賜された勅を奉戴してこそ皇国の教育指針の在り方であると思ふ。 昨今、未成年の自殺や犯…

第一〇四五回 時対協定例会

靖国神社秋季例大祭に合はせ、時対協定例会が行はれた。 日本誠龍社、加藤邸をお借りして定例会および懇親会。 関連記事 第一〇三九回 時対協定例会 靖国神社春季例大祭勅使参進される二十二日、昇殿参拝の後、時対協の定例会が新宿にて行はれた。 議題…