表紙 > 

講演会・勉強会・会議

講演会・勉強会・会議などの案内や報告など

【6/13】第39回国体文化講演会のお知らせ:荒岩宏奨・展転社編集長

「死ね」といふ声聞く彼方 ――かたくなにみやびたるひと蓮田善明 34歳・展転社の若き編集長が熱講! 三島由紀夫の師といはれる蓮田善明― 壮烈な自決を遂げた氏の「みやび」と「死生観」を探る。 ▼日 時 平成26年6月13日(金) 18時   …

【7/26】皇国復古中興 講演会のお知らせ

謹啓  残春の候、時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 この度、神奈川県より社団法人 大日本文庫の河原博史理事長を講師とし、 自民党などの所謂保守派が掲げる「戦後レジウム」の脱却の盲点とこれからの 民族派の方向性についてご講演して…

皇国復古中興の集ひ

本日、群馬県護国神社に於いて「皇国復古中興の集ひ」が開催された。 講演に先立ち、主催者である亜細亜史観研究会・工藤純代表、今講師である同血社・河原博史会長を始め参加者で昇殿参拝を行ひ、復古中興を祈願した。 演題は「脱愛国論」。国は愛すべきで…

【5/18】皇国復古中興の集ひの御案内(再告知)

謹啓 陽春の候、皆様に於かれましては正義の為、益々のご活躍の段、御敬服申上げます。 この度、河原博史氏に「脱愛国論」題して御講演を御願ひ致しました。 皆様方に於かれましては、時節柄御多用の事と思ひますが 皇国復古中興を懇祈し、皆様と共に学び…

第一〇二八回 時対協定例会

八日夕刻より新橋にて時対協の定例会が行はれた。 議題は「北一輝」について。 各人闊達な論を展開し、会は白熱した。   関連記事 第一〇二四回 時対協定例会 九日夕刻より新橋にて、今年始めの第一〇二四回 時対協定例会が行はれた。議題…

昭和の日をお祝ひする集ひ

昭和天皇の御聖誕の日であらせられる今月二十九日、昭和の日ネットワーク主催で「昭和の日をお祝ひする集ひ」が催行された。 式典は 「昭和天皇のお誕生日だつた四月二十九日は、国民の祝日 昭和の日です。 「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を…

遊学記その一「熊本有志の集ひ」

十二日、熊本県熊本市で「熊本有志の集ひ」が行はれた。講師は同血社・河原博史会長。演題は「徳富蘇峰と近代日本」 徳富蘇峰翁は熊本が生み日本主義を貫いたジヤーナリスト。   関連記事 【4/12】第六回「熊本有志の集ひ」勉強会のお知ら…

第一〇二七回 時対協定例会

三日夕刻より新橋にて、第一〇二七回 時対協定例会が行はれた。 議題は「憂国」といふ言葉について。 闊達な議論が展開された。 関連記事 第一〇二四回 時対協定例会 九日夕刻より新橋にて、今年始めの第一〇二四回 時対協定例会が行はれた。議題は言…

【4/12】第六回「熊本有志の集ひ」勉強会のお知らせ

春色のなごやかな季節、時下益々ご清祥の段、お慶び申し上げます。今回で八回目の開催となりました「有志の集ひ」では同血社の河原博史会長を講演に招き、熊本の偉人「徳富蘇峰」の軌跡を辿りながら近代日本の歴史を学びたいと思ひます。皆様のご参加お待ちし…

第一〇二六回 時対協定例会

六日夕刻より新橋にて、第一〇二六回 時対協定例会が行はれた。 議題は「万教の基は神道であるが、それを周知せしめん方法」。いつもながら闊達な議論が展開された。       関連記事 第一〇二五回 時対協定例会 六…

第一〇二五回 時対協定例会

六日夕刻より新橋にて、今年始めの第一〇二五回 時対協定例会が行はれた。議題は仏教が勃興してゐた時代について闊達な議論を展開した。   会議終了後、懇親会を開催する。 関連記事 第一〇二四回 時対協定例会 九日夕刻より新橋にて、今年…

「神奈川有志の会」開催される

二十八日、神奈川県を中心とする活動家が相集ひ、定期的に行はれてゐる「神奈川有志の会」が今年初めて行はれ、活発な意見交換などを行つた。   関連記事 「神奈川有志の会」開催される 28日、神奈川県を中心とする活動家が相集ひ、活発な意…

第一〇二四回 時対協定例会

九日夕刻より新橋にて、今年始めの第一〇二四回 時対協定例会が行はれた。議題は言葉や世の右傾化について闊達な議論を展開。 その後、懇親会を催しました。   関連記事 【7/4】第1018回 時対協会議参加 神国日本の葬祭の在り方つい…

第一〇二三回 時対協定例会及び総会

五日夕刻より新橋にて、第一〇二三回 時対協定例会及び総会が行はれ、宮内庁の在り方について議論致しました。 その後、忘年会を催しました。         関連記事 第30回「新嘗を祝ふ集ひ」斎行 新嘗祭…