表紙 > 

講演会・勉強会・会議

講演会・勉強会・会議などの案内や報告など

第一〇二四回 時対協定例会

九日夕刻より新橋にて、今年始めの第一〇二四回 時対協定例会が行はれた。議題は言葉や世の右傾化について闊達な議論を展開。 その後、懇親会を催しました。   関連記事 【7/4】第1018回 時対協会議参加 神国日本の葬祭の在り方つい…

第一〇二三回 時対協定例会及び総会

五日夕刻より新橋にて、第一〇二三回 時対協定例会及び総会が行はれ、宮内庁の在り方について議論致しました。 その後、忘年会を催しました。         関連記事 第30回「新嘗を祝ふ集ひ」斎行 新嘗祭…

「神奈川有志の会」開催される

28日、神奈川県を中心とする活動家が相集ひ、活発な意見交換などを行つた。 なほ「神奈川有志の会」は定期的に行はれてゐる。 関連記事 【7/4】第1018回 時対協会議参加 神国日本の葬祭の在り方ついて議論致しました。   時対協ホ…

日本心の集ひ【岡山】

平成二十五年十一月二十四日 毎奇數月の最終日曜日に行はれる定例勉強會「日本心の集ひ」に參加 今囘の題目は前囘からの續きの最終囘 「郷土の勤皇ー三代の勤皇 米屋三宅氏・三宅高幸傳ー四」 講師は松下眞啓先生 郷土岡山縣倉敷市連島と云ふ田舎から輩…

第一〇二二回 時対協定例会議

第一〇二二回 時対協定例会議が行はれました。 議題①「七生報国」といふ言葉について。 議題②山本太郎の園遊会での行為について。 関連記事 第一〇二一回 時対協定例会議 第一〇二一回 時対協定例会議が新橋にて行はれました。 議題「西洋型民主主…

むさしの倶楽部講演会「尊皇と勤皇」

二十日十八時より新宿文化センターに於いて、むさしの倶楽部が河原博史講師を招いて「尊皇と勤皇」と題した講演会が行はれた。 満席になつた会場は外の冷雨を忘れさせるやうな熱気で充満した。 むすびに演題に相応しく スメラミコト弥栄を三唱し終了した。…

「むさしの倶楽部」講演会のお知らせ

演題・『尊皇と勤皇』  講師・ 河原博史氏 日時・平成二十五年十月二十日(日) ※五時半開場 ※六時開演 会場・新宿区立新宿文化センター四階 住所・東京都新宿区新宿六~十四~一 会費・千五百円(飲み物付) 懇親会費・三千円 恐縮ですが懇親会…

第一〇二一回 時対協定例会議

第一〇二一回 時対協定例会議が新橋にて行はれました。 議題「西洋型民主主義」     関連記事 【7/4】第1018回 時対協会議参加 神国日本の葬祭の在り方ついて議論致しました。   時対協ホームページ ht…

第一〇二〇回 時対協定例会義

第一〇二〇回 時対協定例会義が新橋にて行はれました。 靖国神社、神道、 尊皇について多岐に渡り議論致しました。   関連記事 第一〇一九回 時対協定例会義 第一〇一九回 時対協定例会義が新橋にて行はれました。 議題は「靖国神社とは…

桐生簗にて憂国談義食事会

けふは群馬県桐生川縁にある桐生簗にて憂国談義をしながらの食事会に招かれました。 この日は気温が高く、夏が戻つたやうな気候であつたが、憂国談義?は更に熱を帯びてゐた。 福田著 関連記事 六十八年目の暑い夏 この日は午前十時より、時対協有志で靖…

第一〇一九回 時対協定例会義

第一〇一九回 時対協定例会義が新橋にて行はれました。 議題は「靖国神社とは」や「神道とは」等議論致しました。   関連記事 【7/4】第1018回 時対協会議参加 神国日本の葬祭の在り方ついて議論致しました。   時対協…

日本心の集ひ

奇数月に行はれてゐる「日本心の集ひ」勉強会に参加 今回の題目は「郷土の勤皇ー三代の勤皇 米屋 三宅氏 三宅高幸伝ー」 講師は松下眞啓先生 三宅氏とは、岡山県が輩出した幕末の尊王攘夷の志士。この題目は次回に続く。   ※秋田智紀 関…

和歌と大和心

二十日、港区青山に建つ大東会館にて第八十七回歌道講座が行はれた。 講師は福永眞由美先生。参加者は約二十名。 講座では二十三首の歌が吟じられ、福永先生がそれぞれの歌を指導添削し、その後無記名で一人三首を番号で選び、天・地・人を決めると言ふ流れ…

【7/9】拓殖大学・下條正男教授研究会参加

拓殖大学で毎月行はれてゐる、下條正男教授主催の勉強会に参加いたしました。 この研究会は各方面から有識者が集まり、主に領土紛争を研究します。 我が国の領土紛争が大きくなるつつある昨今、議論も大いに熱が入りました。   磯和典 記 関…