本日は平田篤胤翁生誕の日

平田篤胤翁は、江戸時代後期の国学者、神道家、思想家また医師でもあつた。復古神道の大成者。出羽久保田藩出身。備中松山藩士の兵学者平田篤穏の養子となる。元服後は胤行、享和年間以降は篤胤と称した。号は気吹舎、家號を真菅乃屋。医者としては玄琢を使う…

運動史⑬

昭和三十年代、新宿駅頭街宣演説 弁士:故浅沼美智雄先生 関連記事 運動史③ 昭和30年代の新宿駅西口街頭演説風景(弁士、故・浅沼美智雄) ※所謂60年安保闘争時代 Tweet続きを読む →… 運動史⑨ 渋谷駅頭で「奉祝・紀元節…

第74回『靖国神社清掃奉仕』のお知らせ

私たち靖国神社清掃奉仕有志の会では、祖国の国難に殉じて靖国神社に祀られた英霊の御霊に対して、ご奉仕を通して感謝の気持ちを捧げたいと思います。このたびの清掃奉仕は大東亜戦争終戦日後の下記予定にて行い、英霊の御霊に感謝の誠を捧げます。暑さ厳しく…

六十八年目の暑い夏

この日は午前十時より、時対協有志で靖国神社昇殿参拝を行つた。その後境内で正午の時報に合はせ一分間の黙祷を捧げ、畏れ多くも全国戦没者追悼式に御臨席あそばされた 天皇陛下より「終戦以来既に六十八年、国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和…

第一〇一九回 時対協定例会義

第一〇一九回 時対協定例会義が新橋にて行はれました。 議題は「靖国神社とは」や「神道とは」等議論致しました。   関連記事 【7/4】第1018回 時対協会議参加 神国日本の葬祭の在り方ついて議論致しました。   時対協…

本日は「国旗及び国歌に関する法律が公布・即日施行」の日

昨日は「君が代記念日」だつたが、平成十一年のこの日に国旗及び国歌に関する法律が公布・即日施行された。 第1条 国旗は、日章旗とする。 第2条 国歌は、君が代とする。 本来国旗や国歌は伝統や文化に沿う慣習からなるものであり、法制化すべきもので…

本日は「君が代記念日」

明治二十六年のこの日、文部省が小学校の祝祭日の儀式用唱歌として「君が代」ほか八曲を公示したことから「君が代記念日」となつた。 君が代は 千代に八千代に さざれ石の いわおとなりて こけのむすまで 関連記事 【現代訳】古道大意上巻その一⑤ 上…

清原貞雄著「国学発達史」考五

第一章 徳川時代以前に於ける国学 第五節 神道 ●神道は本来神社の崇祀に関する習慣的の儀礼であつて一つの道徳教でもなく亦一つの学説でもない。神道が実際問題として研究せされるやうになつたのは徳川時代の復古神道派からである。 ●鎌倉時代から神道…

八月九日を記憶せよ

八月九日は、日本人であれば誰でも知つてゐる「長崎原爆投下の日」である。もちろんこの日も決して忘れてはならなく、日本人からすると毎年この日に怒りがこみ上げるのも尤もな話である。もう一方でこの日は大東亜戦争終結直前にロシア(旧ソ連)が日本との中…