表紙 >  まつり >                 

【11/18】「邪教創價學會撲滅成就祭」執り行はれる

伊勢山皇大神宮にて

創価学会の創立記念日である十八日、伊勢山皇大神宮に有志相集ひて「邪教創價學會撲滅成就祭」が執り行はれた。

午前十一時より始まつた成就祭では、神主による祝詞奏上ののち世話人を代表し下山陽太同志が、神の御前にて誓願詞を読み上げた。

邪教創価学会の徹底した反国体姿勢は今更説明を要しないが、近年の学会はそのカルト性を覆ひ隠しその巧妙さを増してゐる。しかし未だに鎌倉時代の終末(末法)思想を用いて無垢の民を誑かし、法華経の国教化を企む事実は変はつてゐない。創価学会を撲滅に追ひ込むには、まづ日本人一人一人が創価学会の反国体性を見破り純粋なる国体を知る事にある。

 誓願詞

 謹みて神界におはします神々に奏上申し上げます。

吾人は「我等は 天皇尊の股肱なり、我等は銃後の近衞兵」と云ふ信念の下、戰後體制打倒・神世復古成就を使命とし、復古中興運動に挺身してをります。吾人は本津敎たる惟神大道を旗印に破邪顯正の神劍を振るひ、皇國體に叛逆する邪敎を徹底的に撲滅し、一億 皇民悉く神洲清潔乃民たる大自覺を取り戻さむとの決意であります

殊に日乃本一の邪敎たる創價學會を撲滅せねばならぬの大事は吾人が使命であります。本年は淫祠俗惡邪敎創價學會が創立され、八十六年になります。然し、神敵池田大作率ゐる邪敎創價學會は國内では立正安國の實現の爲に「總體革命」と稱し、各界に學會員を送り込み、亦、「廣宣流布」と稱し、全世界を佛國土に改變しようとする愚を悔い改めぬどころか、野心旺盛、依然として神罰を恐れることを知りません。淫祠俗惡邪教創価学会を撲滅せずして、神世復古竝びに世界皇化の大願を成就する事は叶ひません。故に吾人は橘曙覧先生の和歌「大皇に 背ける者は 天地に 入れざる罪ぞ 打つて粉にせよ」との攘夷貫徹の大精神を肝に銘じ、果敢に淫祠俗惡邪敎創價學會撲滅運動に挺身する所存であります。

吾人が所屬する大日本愛國團體聯合・時局對策協議會は福田素顯大人創設以來、一貫し、淫祠俗惡邪敎創價學會撲滅の大旗を掲げ、一騎當千の運動を行つて參りました。先覺烈士の志操に相聯なり、以て神國日本復古中興に挺身する事を神前に誓願申し上げます。

神界にまします神霊に於かれましては吾人が微衷を諒とし、神佑冥助の御加護を下し玉はりますことを只管に冀ひます。

謹み畏みて竹本大樹申す

平成廿九年十一月十八日

 

民族派有志聯帶運動

 愛倭塾    小林弘典

 盛道烈士會  竹本大樹

 大地社    木下厚

 同血新聞社  下山陽太

 日本のこゑ社 大岩優輝