表紙 >  まつり >                 

【11/23】新嘗祭

本日は宮中祭祀で最も重要な新嘗祭が斎行されてゐる。

豊葦原の瑞穂の国を治めまする スメラミコトが今年収穫された新穀を天神地祇に供へ、収穫に感謝するとともに、御親らも初めて召し上がれる祭である。

全国の神社を始め、民間でも新嘗祭を祝ふ行事が多数行はれてゐるが、戦後「勤労感謝の日」と名を変へ「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」日となり、子が働く親に感謝の意を伝へるイベントになりつつある。

新嘗祭は、元来 スメラミコトと民とが一体となつて天地の神々に祈り感謝するといふ、正に君民一体となる中興の瞬間である。
これぞ スメラミコトの歩み給ふ道を、民が一体となり歩む皇道の原点なのである。

けふの祭日の大いなる意義を国民に知らしめし、祝祭日法の改正を望むものである。