表紙 >  皇道日報案内 >                 

皇道日報復刊三号(通刊四六六九号)の案内

年頭にあたり 福田草民
◆輝かしき平成二十六年を迎へ、 皇室の弥栄と読者の皆皆様方の御隆盛を祈念する。
◆昨年は防共新聞から皇道日報と、…
中共を意識した国防力の拡充を 野田輝久
新年明けましておめでたうございます。本年も何卒宜しく御願ひ致すと共に 今上天皇、皇后両陛下並びに 皇室の益々の繁栄を祈念致します。
さて近年、あからさまな領土拡大、…
岡山縣護國神社清掃奉仕の思ひ
(地元に根付いた活動を見いだす)秋田智紀
年頭にあたり先づ以て 皇室の彌榮と御繁榮を心よりお祈り申し上げます。
私共岡山定例活動の一つ、偶數月開催の護國神社清掃奉仕を行つてをります。…
日本人よ!冷静に怒れ! 磯 和典
皇紀二千六百七十四年、新年明けましておめでたうございます。
まづは平成二十三年三月十一日の震災、…
日本人の自覚 近藤勝博
新年を迎へ皇国の隆昌と飛躍を念願し、国体明徴に邁進するは現時日本人へ連綿と続く歴史的使命なるを自覚する。
吾等日本人は皇国に偶然生まれた生物ではなく…
皇居前にて下座・遥拝す(三條の會)
皇道日報記事小史
現代日本臣民の使命如何
昭和十七年四月二十四日
【特別寄稿】神代派は平成の御宇に於ける死なう団也 皇學館大學 下山陽太

3gou4669_ページ_1

3gou4669_ページ_2

3gou4669_ページ_3

3gou4669_ページ_4