表紙 >  告知 >                 

【9/29】平成二十八年九・二九反中共デー東京大会の案内

maxresdefault

過去の反中共デー東京大会の様子

暴支膺懲!
暴戻中国討つべし!
暴戻中国とは、「中国共産党」が支配する「中華人民共和国」すなはち中共のことです。中共は「反日」「共産」「中華」の三悪国家であり、我が国の敵国であることを認識しなければなりません。先閣諸島の現況を見てください。
昭和47年9月29日、我が国は中共との国交を樹立しました。この間、主権侵害、内政干渉、領土・領海・領空の侵犯など、中共による敵対行為は数限りなく繰り返されてきました。中共の脅威に晒されてゐるのは、我が国だけではありません。満州、南モンゴル、東トルキスタン(ウイグル)、チベットなどに対する侵掠・虐殺・苛政。台湾に対する併呑の野望。中共に支配されてゐる全ての人民たちの苦難。中共の存在は、アジア全民族の脅威であり、人類の敵と断言できます。
私たちは草莽とは云へ、興亜憂国の志士と自負してゐます。この重大な危機を座視することはできません。平成14年9月29日、所謂「日中国交正常化」30年の秋、私たちは中共との国交断絶を目指して、9・29反中共デーを開催しました。昨年も東京だけではなく、北海道(札幌)でも、中部(名古屋)でも、関西(大阪)でも、九州(福岡)でも、反中共デー闘争は展開されました。本年も「9・29反中共デー」の旗の下、勝利を目指して、同志道友の皆さんが共に起ち上がり、共に闘ふことを熱望します。勝利を信じて、闘ひましよう。

[日時]
9月29日(木)雨天決行
午前11時~集会開始
正午~行進出発

[場所]
三河台公園(東京都港区六本木4-2-27/六本木通り沿ひ/俳優座の横)

[合意事項]
①国旗の掲揚は大歓迎します。また、旭日旗やZ旗の掲揚も歓迎します。
②南モンゴル、東トルキスタン(ウイグル)、チベットなど、中共に侵掠され、独立を目指して戦つてゐる国々の方が、ご自分の国家や民族を象徴する旗を掲揚することは歓迎します。
③超党派の運動のため、会旗など団体の旗を掲揚することは禁止します。
④拡声器の持参は歓迎します。
⑤車両での参加はご遠慮ください。

[聯絡事項]
本年も東京大会だけではなく、北海道大会(札幌)も、中部大会(名古屋)も、関西大会(大阪)も、九州大会(福岡)も、開催される予定です。

[呼び掛け]
平成28年9・29反中共デー東京大会共闘委員会
事務局 〒170-0003
東京都豊島区駒込6-27-11(三沢浩一方)
電話&FAX03-3918-9524
携帯電話090-2622-4242