表紙 > 

Author Archive for 編集部

【10/14】「橫濱大演説會」開催される

十四日の日曜日、十三時から恒例となつた神奈川有志の會主催の「橫濱大演説會」が横浜駅西口駅頭で行はれた。 弁士多数にて時事から宗教まで幅の広い内容を国民に訴へた。 関連記事 【5/14】「横浜大演説会」開催される 十四日午後一時より横浜駅西口…

第一三九九詔 皇靈を神鏡と同床に奉齋し給ふの宣命(明治四年九月三十日)

皇靈を神鏡と同床に奉齋し給ふの宣命 天皇(スメラミコト)の大命(オホミコト)に坐せ。掛け卷くも恐き御代御代の天皇の大御靈の大前に、太政大臣從一位藤原朝臣實美を使として白し給はくと白さく。天皇等の大御靈を前年此の神牀に坐せ奉りてより、天皇大御…

【11/3】皇紀二千六百七十八年明治節奉祝大會のご案内

日々の例(ためし)のまにゝゝ 民族派諸兄有志の皆樣、勤皇及び民族運動等、洵にお疲れ樣でございます。 明治節奉祝大會を以下の内容にて開催致しますので、ご案内申し上げます。 大會内容を以下に記します。 ◎明治節奉祝大會 開催日時:平成卅年十一月…

第一三九八詔 神器及び皇靈遷座の詔(明治四年九月十四日)

神器及び皇靈遷座の詔 朕、恭ク惟ミルニ、神器ハ天祖威霊ノ憑ル所、歴世聖皇ノ奉テ以テ天職ヲ治メ玉フ所ノ者ナリ。今イマヤ、朕、不逮ヲ以テ復古ノ運ニ際シ、忝ナク鴻緒(註一コウシヨ)ヲ承ケ新ニ神殿ヲ造リ、神器ト列聖皇霊トヲコヽニ奉安シ、仰テ以テ万機…

【10/4】第一〇七八回時対協定例会

四日夕刻より新橋にて第一〇七八回時対協定例会が開催された。 議題は「新たな御代を迎へるにあたり」(議題提供:中部・東海地区)     関連記事 【6/7】第一〇七五回時対協定例会 七日夕刻より第一〇七五回時対協定例会が開…

【9/29】反中共デー東京大会開催さる

二十九日荒天の中、反中共デー東京大会が中共大使館の近隣で行はれた。 関連記事 【9/29】平成二十八年九・二九反中共デー東京大会開催される 二十九日十一時より東京都支那大使館近くにおいて、平成二十八年九・二九反中共デー東京大会開催された。 …

【9/27】日獨伊三國条約締結ノ詔書が渙発遊ばされた日

今を遡ること七十八年前の昭和十五年の今日、日獨伊三國条約締結ノ詔書が渙発遊ばされました。 日獨伊三國条約締結ノ詔書 大義ヲ八紘ニ宣揚シ坤輿ヲ一宇タラシムルハ実ニ皇祖皇宗ノ大訓ニシテ朕カ夙夜眷々措カサル所ナリ而シテ今ヤ世局ハ其ノ騒乱底止スル所…

第一三九七詔 服制更正の勅諭(明治四年九月四日)

服制更正の勅諭 朕惟フニ、風俗(註一)ナル者、移換以テ時ノ宜シキニ随ヒ、國體ナル者、不抜以テ其勢ヒヲ制ス。今衣冠(註二)ノ制、中古唐制ニ模倣(註三)セシヨリ、流テ軟弱ノ風ヲナス。朕、太(ハナハ)タ慨之(コレヲガイス)。夫神州ノ武ヲ以テ治ルヤ…

【9/22】西郷南州留魂祭斎行される

西郷隆盛翁が城山で自刃し百四十一年の歳月が経つ九月二十四日を前に、西郷南州会(代表・早瀬内海氏)が祭主となり大田区洗足池公園内にある西郷隆盛留魂詩碑前の御社で留魂祭を執り行つた。   関連記事 【9/23】西郷南州留魂祭斎行される…

【9/15】「素交祭」斎行される

昭和三十五年九月に創設された大日本愛國團體聯合時局対策協議會の物故者を慰霊する為、全国の会員相集ひ神道に則り素交祭が斎行された。 祭り終了後、直会が開かれた。 関連記事 【9/2】時対協物故者を慰霊する「素交祭」斎行される 昭和三十五年九月…

第一三九六詔 兵部大少輔及び御親兵少佐以上に下されし勅語(明治四年九月三日)

兵部大少輔及び御親兵少佐以上に下されし勅語 汝等積年苦勞シ、以テ今日ニ至ル所謂實カナル者、全ク汝等服役スルニ在リ。朕甚タ之ヲ嘉トス。殊ニ方今外交內務、日新ノ時ニ當リ、邦家ノ盛衰ハ、實ニ兵ノ强弱ニ存ス。汝等深ク朕カ意ヲ體シ、彌以(いよいよもつ…

第一三九五詔 海陸軍律頒布の勅語(明治四年八月二十八日)

第一三九五詔 海陸軍律頒布の勅語 朕惟フニ、兵民途ヲ分チ(註一)、寬猛治ヲ異ニス(註二)。其律ヲ定ㄨˋ法ヲ設クルニ於テ、豈(あに)斟酌商量(註三)以テ其宜ヲ制セサル可ケンヤ。頃(このごろ)、海陸軍律撰輯(註四)、竣(をはり)ヲ告ク。朕之テ閱…

第一三八九詔 廢藩置縣の詔(明治四年七月十四日)

廢藩置縣の詔 朕惟フニ、更始ノ時ニ際シ、內以テ、億兆ヲ保安シ、外以テ萬國ト對峙セント欲セハ, 宜ク名實相副ヒ、政令一ニ歸セシムヘシ。朕、曩(さき)ニ諸藩版籍奉還ノ議テ聽納シ、新ニ知藩事ヲ命シ、各其(しよく)ヲ奉セシム。然ルニ數百年因襲(註一…

【8/23】「独逸国ニ対スル宣戦ノ詔書」渙発あそばされた日 大正三年

今を去ること百四年前、独逸国ニ対スル宣戦ノ詔書渙発あそばされた。所謂第一次世界大戦参戦である。 独逸国ニ対スル宣戦ノ詔書 天祐を保有し、萬世一系の皇祚を践める大日本國皇帝は、忠實勇武なる爾、有衆に示す。 朕、茲に獨逸國に対して戦を宣す。朕が…