表紙 > 

Author Archive for 編集部

【3/3】元号の本質を揺るがす「新帝御即位前公表」を考える緊急国民集会のお知らせ

元号の本質を揺るがす「新帝御即位前公表」を考える緊急国民集会のお知らせ 日時 平成三十一年三月三日(日) 開場十四時三十分 開會十五時〇〇分 閉會十七時〇〇分 講師 杉本延博先生(奈良縣御所市議會議員・『御歷代天皇の詔敕謹解』著者) 鈴木信…

御代がわりの諸行事と元号事前公表問題を考える 横山孝平

二百年の時を経て行われる御譲位をめぐって 文化十四年(一八一七)三月二十二日 光格天皇は 皇太子 恵仁親王(仁孝天皇)に御譲位の宣命を下され、御位をお譲りになられた。これにより、践祚あそばされた 仁孝天皇は同年九月二十一日に即位式を執行、翌…

【2/11】奉祝 紀元節

本日は 神武天皇が畝傍山の東南、現在の橿原市に都を開かれ、「即位建都の詔」を渙発あそばされ、初代天皇に御即位あそばされて二六七九年であり、建国創業の御神徳を景仰し、臣民挙つて祭りを執り行ひ、国の平安・発展を祈念する佳き日である。 即位建都の…

【2/10】「露国ニ対スル宣戦ノ詔勅」渙発あそばされて百十五年

露国ニ対スル宣戦ノ詔勅 天佑を保有し万世一系の皇祚を践める大日本国皇帝は忠実勇武なる汝有衆に示す。朕茲に露国に対して戦を宣す。朕か陸海軍は宜く全力を極めて露国と交戦の事に従ふへく朕か百僚有司は宜く各々其の職務に率ひ其の権能に応して国家の目的…

元号の本質を破壊する「新帝御即位前公表」に反対します

平成二十八年八月八日「象徴としてのお務めについて」との 天皇陛下のおことばを拝し、政府は御譲位に向けた法整備を行ってきました。しかしこれは、「譲位」という言葉を勝手に読みかえ「退位」という、わが国の皇室の歴史にない文言を持ち出し、憲法や皇室…

【2/7】第一〇八一回時対協定例会

七日夕刻より新橋にて第一〇八一回時対協定例会が開催された。 議題は「安倍内閣による前例の無い元號の事前發表に對する意見と對應について」 終了後懇親会を開催。     関連記事 【6/7】第一〇七五回時対協定例会 七日夕刻…

【2/17】第三囘「國防研究會」のお知らせ

第三囘「國防研究會」のお知らせ 日時 平成卅一年二月十七日(日) 開場十八時二十分 開演十八時四十五分 第一部 講師 横山孝平先生 民族革新会議事務局長           國の子評論社社主 演題 「御代がわりの諸行事と拙速な新元号事前公表…

【2/11】皇紀二千六百七十九年紀元節奉祝大會のご案内

本年は、畏くも平成の御代より新しき御代への御譲位の儀、 皇祖天照大御神の靈統であります天津靈嗣(あまつひつぎ)を繼ぐ大嘗祭を迎へます。 初代 神武天皇の總業御高德精神に鑑み有志皆樣とゝもに國家鎭護と幸榮への祈りとして紀元節奉祝大會を以下の内…

【1/10】第一〇八〇回時対協定例会

十日夕刻より新橋にて第一〇八〇回時対協定例会が開催された。 (議題提供:山陽四国地区) 時対協HP 関連記事 【3/2】第一〇六二回 時対協定例会 二日夕刻より第一〇六二回 時対協定例会が新橋にて行はれた。 議題は「来年明治御一新を迎へるに…

(番號外四) 〔學制頒布被仰出書] (明治五年八月二日)

學制頒布被仰出書 人々自ら其身を立て其產を治め其業を昌にして,以て其生を遂るゆゑんのものは他なし、身を脩め智を開き才藝を長するによるなり。 而て其身を脩め智を開き才藝を長するは、學にあらされは能はす。是れ學校の設あるゆゑんにして、日用常行言…

神光迎来

あたらしきとしのはじめに畏くも すめらみ国の弥栄祈る 読者諸氏の御健勝を祈念いたします。 紀元二六七九年 平成三十一年 元旦 関連記事 神光迎来 あたらしきとしのはじめに畏くも すめらみ国の弥栄祈る 読者諸氏の御健勝を祈念いたします。 紀元…

【12/23】天長節の佳き一日

二十三日、今上陛下に於かれましては喜ばしくも御聖誕より八十五年をお迎へ遊ばされた。 また今上陛下最後の天長節には多くの参賀に訪れ、国民に対し畏れ多くも感恩の叡慮を賜つた。 一方この日は占領軍により、巣鴨プリズンにて所謂A級戦犯が処刑された日…

【12/8】米英両国ニ対スル宣戦ノ詔書発布の日

米英両国ニ対スル宣戦ノ詔書発布の日より七十七年といふ時が経つた。 毎年この日には同じことを繰り返し述べてゐるが、今年も同様に所感を述べる。 詔に忠なる皇軍兵士が戦に斃れ、祀られてゐるのが靖国神社であることは周知の如くであるが、近年、自衛隊を…

【12/6】時対協総会が開かれる

六日夕刻より新橋にて時対協総会が開催され、会計報告、役員改正、来年度の指針が話し合はれた。 終了後忘年会が開催された。   関連記事 【12/7】時対協総会が開催される 七日午後十八時より時対協の総会が開催された。 その後忘年会。…