表紙 > 

機関紙(誌)書籍案内

「菊水國防新報」第五号のお知らせ

神奈川県を拠点とし、日々活動を展開してゐる菊水國防連合(田代厚会長)が、機関紙「菊水國防新報」第五号を発行した。 今号の見出し ※承詔必謹と吉田松陰先生 菊水國防連合 会長 田代 厚 ※先人の志を思う 政治結社 大行社 理事長 丸川 仁 ※…

「闢邪」発刊のお知らせ

同血新聞社が発行する機関誌「闢邪」七号から十一号までのお知らせ 第七號「先人志操顕彰を以て皇政復古実現に挺身す」他 第八號「広宣流布立正安国断固粉砕宣言」他 第九號「顕正会浅井昭衛は皇国体忘却鬼畜の徒也」他 第十號「所信表明」他 第十一號「…

同血新聞社機関紙「闢邪」第六號発行のお知らせ

今号の見出し ◆闇斎学徒として神代復古成就に挺身す 編集長・下山陽太 ◆日本の善たる神道を以て皇政復古を実現す 坂信二 ◆筑前勤王党 其の道統と系譜(一) 塚本保嗣 ◆赤報隊隊長相良総三先生の偉業を継承す ◆編集後記   ※お申込…

同血新聞社機関紙「闢邪」第五號発行のお知らせ

今号の見出し ◆邪教創価学会法禁撲滅 =敵は信濃町にあり=編集長・下山陽太 ◆仏魔鬼畜勦滅には儀礼は一切不要也 ◆神国日本顕現を願ふ 前田照彦 ◆「仏暦」使用の全日本仏教会を撲滅せよ ◆編集後記   ※お申込みお問ひ合はせは、下記…

同血新聞社機関紙「闢邪」第四號発行のお知らせ

今号の見出し ◆本教界の松永久秀たる田中恆清を膺懲す =廃仏毀釈の正当性を宣伝し神仏習合を排す=編集長・下山陽太 ◆再び神の道へ 真橘道義 ◆念仏宗膺懲義挙を正当化し、廃仏毀釈を挙行す 編集長・下山陽太   ※お申込みお問ひ合はせ…

「菊水國防新報」第二号のお知らせ

神奈川県を拠点とし、日々活動を展開してゐる菊水國防連合(田代厚会長)が、機関紙「菊水國防新報」第二号を発行した。 第二号の見出し ※「敬神尊皇の原点を」 菊水國防連合会長 田代厚 ※「共産支那の羅権主義に備える安保法制」 菊水國防連合 特別…

同血新聞社機関紙「闢邪」第三號発行のお知らせ

今号の見出し ◆「唯一神道現世建替軍」を結成し、皇国を洗濯す 『闢邪』編集長・下山陽太 ◆池田教法王「池田道鏡」打倒宣言 『闢邪』編集長・下山陽太 ◆皇国に文化大革命を巻き起こせ 『闢邪』編集長・下山陽太 ※御申込み・御問ひ合はせは、 do…

「菊水國防新報」創刊のお知らせ

神奈川県を拠点とし、日々活動を展開してゐる菊水國防連合(田代厚会長)が、更なる活動を充実させるため、機関紙「菊水國防新報」を創刊した。 創刊号の見出し ※「新たなる決意 創刊に際して」 菊水國防連合会長 田代厚 ※「時代を担う若者たちへ」 …

機関紙「闢邪」第二號発行のお知らせ

同血新聞社の機関紙「闢邪(へきじや)」(編集長・下山陽太氏)の第二號が発行された。 今号の見出し ※神兵隊再建及再武装宣言 『闢邪』編集長 下山陽太 ※神代派は創価学会に宣戦布告をす 『闢邪』編集長 下山陽太   申し込み・問ひ合…

機関紙「闢邪」創刊のお知らせ

同血新聞社が機関紙「闢邪(へきじや)」(編集長・下山陽太氏)を創刊した。 発行の目的は、邪教蔓延り人心が荒廃する現時、神代復古を提唱せしめ思想信仰の純化の時来るとの思ひで筆剣を奮ひ、啓蒙運動に邁進するためと言ふ。 闢邪といふ名の由来は、江戸…

【新書】靖国神社の真実=泉水隆一

  著者:泉水隆一 発行日:平成二十三年辛卯十二月八日 頒價:壹千圓 編輯:有安弘吉 發行:洛風書房 〒六〇四-〇九一二 京都市中京區二條通河原町東入 京都書店會館二階 電話:〇七五-二四一-二一九三 電送:〇七五‐二四一-二一九…

山口二矢供述調書

社会党委員長浅沼稲次郎刺殺事件 山口二矢顕彰会 編 四六並製  152頁、定価:1260円 平成22年11月2日発行 ※申し込みは全国の書店もしくは以下の出版社まで。 展転社 〒113−0033 東京都文京区本郷1−28−36 鳳明ビル30…