表紙 > 

歴史・伝統・文化

天長節の佳き一日

二十三日、天皇尊に於かれましては喜ばしくも御聖誕より八十三年をお迎へ遊ばされた。 参賀に訪れた国民に対し畏れ多くも感恩の叡慮を賜つた。 その後、巣鴨プリズン跡地にて所謂A級戦犯及び憂国烈士のみたまに黙祷を捧げた。 夕方より、神奈川県維新協議…

【10/7~10】比国において皇軍慰霊

皇道日報埼玉県支局は、NPO法人日本領土領海戦略会議と合同で、比国にある神風イースト、ウエスト等、皇軍所縁の地を訪れ、慰霊、参拝、清掃活動を実施して来た。比国はこの時期には珍しく大雨に見舞はた。(磯) ※カミカゼウエスト ※カミカゼイースト…

天長節の佳き一日

二十三日、天皇尊に於かれましては喜ばしくも御聖誕より八十二年をお迎へ遊ばされた。 一般参賀では、訪れた国民に対し畏れ多くも感恩の叡慮を賜つた。 その後、巣鴨プリズン跡地にて所謂A級戦犯及び憂国烈士のみたまに黙祷を捧げた。 夕方より、神奈川県…

【10/18】長州神祇拝礼その2

新たに時対協に参加された、有安弘吉特別参与と櫻山神社例大祭に参列 神道天行居参拝および天行居の聖地である石城山登山   関連記事 皇居参拝並びに皇居遥拝す 太陰太陽暦(旧暦)一日にあたる今月三日、三條の會らと共に皇居参拝並びに皇居…

【10/17】長州神祇拝礼

赤間神宮参拝す。 赤間神宮は、安徳天皇御歳僅か八才をもつて平家一門と共に壇之浦に崩じ給ふや 建久二年 朝廷は長門国に勅して御陵上に御影堂を建立せしめ給ひ 建礼門院御乳母の女 少将の局命阿尼をして奉侍の上、勅願寺として永く天皇の御冥福を祈らし…

【10/16】和気神社参拝

和気神社は道鏡なる坊主が畏れ多くも 天皇尊の地位を狙つたとき、これに抗し、一命を賭して天朝を護つた和気清麻呂公を祀る。公はその後、いまの平安京への遷都を進言し、その造営を図つた歴史的大人物であるが、戦後その大偉業が忘れられやうとしてゐる。 …

【10/2~3】備州遊学

十月二日から三日にかけて有志と共に備州を遊学す。 関連記事 「麻と大和民族の伝統文化の重要性」講演会開催される 本日、四谷区民ホールに於いて、むさしの倶楽部主催で「麻と大和民族の伝統文化の重要性」が開催された。 第一部では「麻に関する伝統文…

【3/21】紀伊半島周遊

山桜咲き乱れる春の紀伊半島を有志と共に周遊す。   関連記事 諏訪・甲斐方面 神社史跡巡り 十三、十四日の両日にかけて同憂同志と諏訪・甲斐方面の神社と明治御一新に関はる史跡を巡つた。 宿泊は塩尻に在る時対協名誉会員の平澤邸に御世話…

大地社創立六十年祝賀会開かれる

一日午後より東京ガーデンパレスにおいて大地社創立六十年祝賀会が開かれた。 大地社の前身である大地塾は五・一五事件の責任者であった古賀不二人気が昭和三十年創立者した。   関連記事 諏訪・甲斐方面 神社史跡巡り 十三、十四日の両日に…

【2/21】伊勢神宮参拝

有志による伊勢神宮参拝   関連記事 第六十二回神宮式年遷宮 御白石奉献行事参加 八月十二日、内宮、御白石行事最終日に岡山県神社庁奉仕団二百名と共に参加。 御奉仕前日には、地元神領民と同じく二見浦の興玉神社において禊の浜参宮を行ひ…

天長節の佳き一日

二十三日、天皇尊に於かれましては御聖誕より八十一年をお迎へ遊ばされました。 一般参賀では、訪れた国民に「ことしもさまざまな自然災害が日本を襲ひ、決して安泰であつたとは言へない一年が過ぎようとしてゐます。皆さんにとつて、きたる年が明るい年とな…

諏訪・甲斐方面 神社史跡巡り

十三、十四日の両日にかけて同憂同志と諏訪・甲斐方面の神社と明治御一新に関はる史跡を巡つた。 宿泊は塩尻に在る時対協名誉会員の平澤邸に御世話になる。     関連記事 山縣大貳先生御霊二九〇年「柳魂祭」及び松陰神社参拝 今…

明治節奉祝大會(仙台)

明治節であるこの佳き日に、仙台に於いて毎年恒例でになつた「明治節奉祝大會」が今年も行はれた。 肌寒い一日であつたが、示威行進の時には市民からの応援もあり、明治節の意義を広く知らしめた日となつた。   #明治節奉祝大會  …

第79回『靖国神社清掃奉仕』のお知らせ 

   私たち靖国神社清掃奉仕有志の会では、祖国の国難に殉じて靖国神社に祀られた英 霊の御霊に対して、ご奉仕を通して感謝の気持ちを捧げたいと思ひます。このたびの 清掃奉仕は新嘗祭の後、大東亜戦争開戦記念日を前にした下記予定にて行ひ、…