表紙 >  街頭運動 >                 

都内で民族派有志による邪教創価学会撲滅運動が行はれる。

十五日、民族派有志連帯運動による邪教創価学会撲滅運動の一環として自由民主党、文部科学省、国税庁、公安調査庁に邪教創価学会撲滅の為の要望書を提出した。

◆自由民主党に対する要望書。
吾人は平成中興實現を立志し挺身する民族派有志聯帶運動である。
曾て貴黨は創価学会公明党を果敢に糾彈してをられたが、今現在は聯立を組みし仲の爲か、下火となつてゐる。然し、貴黨が聯立を組む公明党は事實上創価学会に支配されてをり、其の存在は日本國憲法第廿條に違反してゐる。それどころか、學會員を各界に送り込み、皇國乘つ取りを着實に實行してゐる。ゆゑに、貴黨が保守政黨を名乘り、政治運動を行つてゐる以上、皇國日本に順はぬ勢力たる公明党と聯立を組む事は、英靈が身命を賭して護らんとした皇國日本の破壊を幇助する行爲であり、即刻改めるべきである。創価学会公明党との聯立は戰後體制强化の愚策であり、戰後體制を打倒し、眞姿皇國を顯現する事は到底不可能である事を吾人は聲を大にして云ひたい。以上を鑑み吾人は以下二點を自由民主党安倍晋三總裁に要望する。
一、公明党との聯立離脱
一、萬世一系の天皇陛下を中心とするまつりごとの實現

平成二十八年三月十六日

民族派有志聯帶運動
愛倭塾    小林弘典
盛道烈士會  竹本大樹
大地社    木下厚
同血新聞社  下山陽太
日本のこゑ社 大岩優輝

自由民主党總裁 安倍晋三 殿

DSC_0053

◆文科省に対する要望書

吾人は平成中興實現を立志し挺身する民族派有志聯帶運動である。
創価学会は宗敎法人を隱れ蓑にし、皇國乘つ取りを畫策する叛亂結社である。その證左として同名譽會長池田大作氏は『聖教新聞』に、「要所要所を全部ね、學會員で占めなかつたら廣宣流布できやしませんよ」と述べるの如く、虎視眈々と創價王國を建設せんとしてゐる。又、創価学会は全人類の平和・文化・敎育に貢獻すると謳ひ乍ら、学会の脱會者乃至批判者に對して暴行・脅迫・尾行・盗聽等を常套的に行なふ宗敎とは名ばかりの暴力集團である。また、創価学会と公明党は表裏一體の存在であり、然るに、公明党の政治參畫は日本國憲法第廿條に違反するものである。創価学会と云ふ排他獨善的信仰を信奉する國會議員が政治上の權力を掌握する事は 皇國體の眞面目を冒す危険性が髙い事を指摘しなければならない。皇國體を防護し、闡明にする爲にも宗敎法人法第八十一條に基き宗敎法人創価学会に對する解散を文部科學大臣に要望する。
平成二十八年三月十六日
民族派有志聯帶運動
愛倭塾    小林弘典
盛道烈士會  竹本大樹
大地社    木下厚
同血新聞社  下山陽太
日本のこゑ社 大岩優輝
文部科學大臣 馳浩 殿

DSC_0117
◆国税庁に対する要望書。

吾人は平成中興實現を立志し挺身する民族派有志聯帶運動である。
吾人は與黨公明党と表裏一體である宗敎法人創価学会及び同名譽會長池田大作氏に對する稅務調査を嚴格にし、的確なる追徴課稅を加へるやう强く要望する。
平成二十八年三月十六日
民族派有志聯帶運動
愛倭塾    小林弘典
盛道烈士會  竹本大樹
大地社    木下厚
同血新聞社  下山陽太
日本のこゑ社 大岩優輝
國稅廳長官 中原広 殿

DSC_0144

◆公安調査庁に対する要望書。

吾人は平成中興實現を立志し挺身する民族派有志聯帶運動である。
創価学会の本性は表面上では日蓮を「大聖人」として崇めてゐるが、其の實相は名譽會長池田大作氏を生き佛の如く崇める池田敎であり、皇國體の改變を企圖する大不敬大叛逆集體である。事實、創価学会は一億 皇民學會員化を目指す「廣宣流布」及び各界に學會員を送り込む「總體革命」を行つてゐる現状を過誤する事は出來ない。加之、池田大作氏は「クーデターで皆殺しにする方に賛成する」と公言し憚らない。以上を鑑み吾人は暴力主義的破壊活動を行ふ危險性がある邪敎創価學會に對する破壞活動防止法の請求を公安調査廳長官に要望する。
平成二十八年三月十六日
民族派有志聯帶運動
愛倭塾    小林弘典
盛道烈士會  竹本大樹
大地社    木下厚
同血新聞社  下山陽太
日本のこゑ社 大岩優輝
公安調査廳長官 野々上尚 殿