表紙 >  街頭運動 >                 

神奈川有志の會が邪教創価学会撲滅運動を展開す

十日、都内に於いて神奈川有志の會が邪教創価学会撲滅運動を展開した。

周知の通り、創価学会は日蓮主義を踏襲してをり、国体を否定する反日危険団体である。
その政党である公明党が長きに渡つて政権与党を担つてゐるのは、異常なことと認識せねばならない。
議会制民主主義により今夏に参院選が行はれるが、創価学会公明党を与党から引きずり下すのは良識ある有権者の責任なのである。

以下は自民党、公明党および創価学会に対する要望書、勧告書、決意書である。


 

自由民主党に要望書を手交。

昨今、憲法改正の機運が非常に高まつてゐる。貴黨は政綱に、「現行憲法の自主的改正をはかり、また占領諸法制を再檢討し、國情に即してこれが改廢を行ふ」と謳つてをり、安倍晋三總裁も「憲法改正をはじめ、占領時代につくられたさまざまな仕組みを變へていくことが立黨の原點であることを呼び起こさなければならない」と述べるやうに憲法改正は貴黨の使命である。抑々、憲法とは、國家の根幹に關はるものである。そして、改正は愼重に行ふべきものである。即ち、憲法改正は妥協の産物であつてはならない。だが、貴黨と聯立を組む公明党は「改憲」では無く、「加憲」を主張してをり、憲法改正を邪魔する存在に他ならない。然れば、公明党と聯立を組む限り、日本國憲法を國體の本義に基く憲法に改正することは到底不可能である。憲法改正を實現する爲にも公明党との聯立解消を自由民主党安倍晋三總裁に强く要望する。
平成二十八年四月十日
神 奈 川 有 志 の 會
四月十日抗議團
友誼團體一同
自由民主党總裁 安倍晋三 殿

自民党に要望書を手交

自民党に要望書を手交


 

公明党に勸告書を手交。

國體に順はぬ信仰㔟力たる創価学会と表裏一體である貴黨は皇國日本を穢す政治㔟力の筆頭である。事實上の公明党總裁とも云ふべき創価学会名譽會長池田大作氏は、「教義を實現するためには、政治の力が必要です。さういふ目的で公明党を作つたのだから。それは變はらないですよ」と述べてをり、政敎一致である事は疑ふ餘地は無い。その存在は日本國憲法第二十條に、「いかなる宗教團體も、國から特權を受け、又は政治上の權力を行使してはならない」とあるやうに創価学会に事實上支配されてゐる公明党の存在は紛れも無く憲法違反である。憲法違反政黨たる公明党の規約第四條に、「黨の綱領及び規約を守り、その政策及び諸決議を實現するため黨活動に參加しやう とする十八歳以上の者は、國籍を問はず黨員となることができる」と謳ふ貴黨が眞劍に皇國及び日本民族の爲の政治を行ふとは到底考へられない。その證左として貴黨は憲法改正に消極的である。だが、貴黨と聯立を組む自由民主党は憲法改正を結黨の原點としてをり、兩黨の憲法觀は相容れ無いものがある。憲法を改正せずして、戰後體制を打倒し、眞姿皇國を顯現は不可能であると云ふことを鑑み、貴黨に對し、自由民主党との聯立解消を勸告する。
平成二十八年四月十日
神 奈 川 有 志 の 會
四月十日抗議團
友誼團體一同
公明党代表 山口那津男 殿

こ


 

邪敎創價學會に決意文を手交。

大東亞戰爭終結以降、米國の弱體化政策に依つて皇民精神が去㔟されたことは、頗る全日本人の憾みとするところなり。その上、尊皇敬神及び君臣の大義を忘却する新興宗敎が跋扈し、國體破壞を畫策すると共に皇民の安心立命を脅かしてゐる。我等はひそかに思ふ、その筆頭が創価学会であることを。
聞くならく、創価学会は日蓮を「大聖人」として崇め日蓮佛法を世界に弘め、佛國土を建設する事を使命としてゐると。然らば貴殿らは正しく天皇陛下・日の丸・君が代を悉く否定し、現世利益ばかりを追求する國體叛逆集團である。以下、我等が創価学会を「邪敎」と位置附ける根據である。

一、不遜にも、天照皇大神・八幡大神があらふことか法華經を守る神として書かれてある曼荼羅を毎日奉拜してゐる。
一、「神ながらの道」を邪敎と位置附け、伊勢神宮及び靖國神社等に參拜することを否定してゐる。
一、公明党を通じ、政治上の權力を行使してゐる。(憲法第二十條違反)
一、折伏大行進・言論出版妨害事件等は公共の福祉を冒してゐる。
一、「折伏」と稱し、信仰を强要してゐる。
上記掲げた五項目を貴殿らは認めるや否や。
若しこれすなはち事實でありと認める次第なれば、猛省し、即刻改め、悔ゆるべし。
さもあらずんば、我等は皇御國に於ける思想的信仰的防人となつて貴殿らと對決するも辭さぬ決意なり。能く能く熟考す可矣。
平成二十八年四月十日
神 奈 川 有 志 の 會
四月十日抗議團
友誼團體一同
創価学会名譽會長 池田大作 殿

創価学会に決意書を手交

創価学会に決意書を手交