表紙 > 

Tag Archive for 秋田智紀

【2/26】陸軍歩兵大尉 野中四郎烈士八十一年祭開催される

二・二六義軍事件 岡山県倉敷市に在る野中四郎大人命の墓前で、陸軍歩兵大尉 野中四朗大人命八十一年祭が斎行された。 場所 岡山縣東山墓地 齋主 井上直亮 祭主・典儀 秋田智紀 蹶起趣意書奉讀 秋田泰嶺 遺書奉讀 有安弘吉 聖壽萬歳 山田俊介 …

皇道日報復刊十一号(通巻四六七七号)の案内

今号の見出し ◆明治維新を完遂せよ 福田草民 ◆岡山の偉人・和氣清麻呂公(三) 秋田智紀 ◆安保法案成立(前) ~海上自衛隊の役割はどう変わるのか~ 野田照悠 ◆年末に大失態の安倍政権 磯和典 ◆皇國は、天皇の國 –天下は、上御…

「祝祭日考察」宮中祭祀=神道=皇民祝祭日復古を 責務として考へるべき 秋田智紀

三月二十一日と言へば、所謂「春分の日」である。現代では國民の祝日として單なる休日と化し旅行や行樂へと勤しむ日になつてゐるのが現状である。戰前の我が國では祝祭日が定められてゐました。今日の春分・秋分の日にあたるのが春季・秋季皇靈祭、宮中祭祀と…

=倉敷憂國烈士顯彰=大橋敬之助に見る 尊皇精神とは 倉敷市・秋田 智紀

復刊六号(平成二十六年十月一日)より 大橋敬之助(立石孫一郎)兵庫縣佐用郡上月村で代々土地の大庄屋を務める大谷五左衞門義孝の長男として天保三年(西暦一八三一)一月に生まれた。大谷恵吉と呼ばれてゐた。十七歳のとき家督を繼ぎ庄屋見習ひとなりまし…

郷土岡山顯彰=死力を盡くして朝廷を守護する雄藩=秋田智紀

復刊五号(平成二十六年七月一日)より 皇位継承第六位であらせられた、桂宮宜仁親王殿下におかれましては、本日午前十時五十五分に薨去あさばされました。 皇国民として慎みて哀悼の意を表します。 現在放映されてゐるNHKの大河ドラマ黒田官兵衞の舞臺…

岡山県護国神社清掃奉仕の集ひ

第二十一回目の毎偶数月に行はれてゐる、岡山県護国神社の清掃奉仕を行ひました。 岡山県護国神社は、明治戊辰の役以降国難に殉じた、岡山県出身又は縁故ある英霊五六七〇〇余柱を御祭神としてをります。 秋田 岡山県護国神社HP   &nbs…

日本心の集ひ

奇数月に行はれてゐる「日本心の集ひ」勉強会に参加 今回の題目は「郷土の勤皇ー三代の勤皇 米屋 三宅氏 三宅高幸伝ー」 講師は松下眞啓先生 三宅氏とは、岡山県が輩出した幕末の尊王攘夷の志士。この題目は次回に続く。   ※秋田智紀 関…

皇道日報復元一号(通巻四六六七号)のお知らせ

皇道日報(防共新聞)紙名復元にあたり 皇国の本を明らかに 福田草民 皇道日報の復刻に際し申し上げる 近藤勝博 街頭運動から思想戦へ〈筆剣を奮はん〉 秋田智紀 皇道実践へ 磯和典 【特別寄稿】祝「皇道日報」復元=防共新聞小史= 平澤次郎 【特…