表紙 >  街頭運動 >                 

邪教創価学会の国際化を阻止

民族派有志は都内に在るイタリア大使館に赴き、先日イタリア国と創価学会が締結した宗教条約を解消せよとの要望書を手交した。

要望書

 吾人は邪敎創價學會及び其の國際部門たる創價學會インターナシヨナル撲滅運動を展開する民族派有志聯帶運動である。
去る七月三十日に貴國と伊太利亞創價學會佛敎協會との間に宗敎協約が發効されたと聞く。だが、創價學會は單なる佛敎信仰團體で無く、「世界広宣流布」と稱し、世界に創價思想を弘める事を目的とした利權獲得結社である。
然ればこそ吾人は憂慮を禁ずる能はず。創價學會の如き宗敎に名を借りた愚夫愚婦共の一團體に特權を与へてしまふことで、全世界の常識人乃至宗敎界より、頗る貴國の常識と威信に疑ひを抱くであらうことを。
從つて、吾人は伊太利亞共和國に對し、伊太利亜創價學會佛敎敎會との宗敎協約の解消を求めるものである。
伊太利亞共和國 セルジオ・マツタレラ大統領閣下

平成二十八年八月十日

                  民族派有志聯帶運動
愛倭塾    小林弘典
盛道烈士會  竹本大樹
大地社    木下厚
同血新聞社  下山陽太
日本のこゑ社 大岩優輝

IMG_20160810_142948

イタリア共和国大使館前