表紙 >  電子記事 >                 

玉音賜る

天皇尊におかれましては、今日午後三時よりメデイアを通じ玉音を国民に賜られた。

 戦後七十年と云ふ大きな節目を過ぎ、二年後には、平成三十年を迎へます。

私も八十を越え、体力の面などから様々な制約を覚えることもあり、ここ数年、天皇としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り方や務めにつき、思ひを致すやうになりました。

本日は、社会の高齢化が進む中、天皇もまた高齢となつた場合、どのやうな在り方が望ましいか、天皇と云ふ立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは控へながら、私が個人として、これまでに考へて来たことを話したいと思ひます。

即位以来、私は国事行為を行ふと共に、日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を、日々摸索しつつ過ごして来ました。伝統の継承者として、これを守り続ける責任に深く思ひを致し、更に日々新たになる日本と世界の中にあつて、日本の皇室が、いかに伝統を現代に生かし、いきいきとして社会に内在し、人々の期待に応へていくかを考へつつ、今日に至つてゐます。

そのやうな中、何年か前のことになりますが、二度の外科手術を受け、加へて高齢による体力の低下を覚えるやうになつた頃から、これから先、従来のやうに重い務めを果たすことが困難になつた場合、どのやうに身を処していくことが、国にとり、国民にとり、また、私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき、考へるやうになりました。既に八十を越え、幸ひに健康であるとは申せ、次第に進む身体の衰へを考慮する時、これまでのやうに、全身全霊をもつて象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じてゐます。

私が天皇の位に就いてから、ほぼ二十八年、この間私は、我が国に於る多くの喜びの時、また悲しみの時を、人々と共に過ごして来ました。私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考へて来ましたが、同時に事にあたつては、時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思ひに寄り添ふことも大切なことと考へて来ました。天皇が象徴であると共に、国民統合の象徴としての役割を果たすためには、天皇が国民に、天皇と云ふ象徴の立場への理解を求めると共に、天皇もまた、自らのありように深く心し、国民に対する理解を深め、常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。かうした意味に於て、日本の各地、とりわけ遠隔の地や島々への旅も、私は天皇の象徴的行為として、大切なものと感じて来ました。皇太子の時代も含め、これまで私が皇后と共に行つて来たほぼ全国に及ぶ旅は、国内のどこに於ても、その地域を愛し、その共同体を地道に支へる市井の人々のあることを私に認識させ、私がこの認識をもつて、天皇として大切な、国民を思ひ、国民のために祈ると云ふ務めを、人々への深い信頼と敬愛をもつてなし得たことは、幸せなことでした。

天皇の高齢化に伴ふ対処の仕方が、国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があらうと思はれます。また、天皇が未成年であつたり、重病などによりその機能を果たし得なくなつた場合には、天皇の行為を代行する摂政を置くことも考へられます。しかし、この場合も、天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終はりに至るまで天皇であり続けることに変はりはありません。

天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至つた場合、これまでにも見られたやうに、社会が停滞し、国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。更にこれまでの皇室のしきたりとして、天皇の終焉に当たつては、重い殯の行事が連日ほぼ二ヶ月にわたつて続き、その後喪儀に関聯する行事が、一年間続きます。その様々な行事と、新時代に関はる諸行事が同時に進行することから、行事に関はる人々、とりわけ残される家族は、非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。かうした事態を避けることは出来ないものだらうかとの思ひが、胸に去来することもあります。

始めにも述べましたやうに、憲法の下、天皇は国政に関する権能を有しません。さうした中で、このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ、これからも皇室がどのやうな時にも国民と共にあり、相たずさへてこの国の未来を築いていけるやう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとへに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました。

国民の理解を得られることを、切に願つてゐます。

 

国民は 天皇尊の玉音を承れば必ず謹むことが臣民の道であり務めである。