【10/1】共同決議内閣府に手交

過日各地で行はれた「9.29反中共デー」の共同決議文を内閣府に赴き手交した。 今年は北海道、東京、中部、関西、九州で大会が行はれ、各大会が以下の共同決議を採択した。 共同決議 天地初発の時、高天原に成りませる神の御名は、天之御中主神、次に高…

第75回『靖国神社清掃奉仕』のお知らせ

私たち靖国神社清掃奉仕有志の会では、祖国の国難に殉じて靖国神社に祀られた英霊の御霊に対して、ご奉仕を通して感謝の気持ちを捧げたいと思います。このたびの清掃奉仕は新嘗祭の後、大東亜戦争開戦記念日を前にした下記予定にて行い、英霊の御霊に感謝の誠…

西郷南州留魂祭

西郷隆盛翁が城山で自刃し百三十六年の歳月が経つ九月二十四日を前に、西郷南州会(代表・早瀬内海氏)が祭主となり大田区洗足池公園内にある西郷隆盛留魂詩碑前の御社で留魂祭を執り行つた。 獄中有感 朝に恩遇を蒙り夕に焚坑せらる 人生の浮沈 晦冥に似…

第八十八回歌道講座参加

平成二十六年歌会始の詠進歌の添削を御指導頂きました。 関連記事 和歌と大和心 二十日、港区青山に建つ大東会館にて第八十七回歌道講座が行はれた。 講師は福永眞由美先生。参加者は約二十名。 講座では二十三首の歌が吟じられ、福永先生がそれぞれの歌…

平成二十五年「9・29反中共デー東京大会」のご案内

「中国共産党」が支配する「中華人民共和国」すなわち中共は、「反日」「共産」「中華」の三悪国家であり、敵国です。我が国土である尖閣諸島を侵略しようと妄動する中共は、撃ち破らなければなりません。 昭和四十七年九月二十九日、我が国は中共との国交を…

清原貞雄著「国学発達史」考九

第二章 近世国学の先駆 第二節 復古国学の先駆 度会延佳 ●度会延佳は元和の初めに生まれた人で、寛永の頃に於ける外宮唯一の学者である。延佳の神道もやはり五部書以来の伊勢神道を基礎としてゐるが、従来の伊勢神道が頗る仏臭を帯びたものであつたのに…

清原貞雄著「国学発達史」考八

第二章 近世国学の先駆 第二節 復古国学の先駆 水戸学の内容 ●光圀の大日本史編纂を思ひたつた動機については、幕府の本朝通鑑に、 皇室の始祖が呉の太伯の後であるとあるに憤慨したのがそれであると云はれてゐが、それは俗説であり光圀は青年時代から…